ジップロックを使った安全な湯煎方法

スポンサーリンク


ジップロックを湯煎に使用しても問題ないか気になりますか?

適切な手順を踏めば、ジップロックが溶ける心配はありません。

ジップロックは食品の保存に非常に役立ちますが、使い方を間違えると溶ける可能性があるため注意が必要です。

早く解凍したいという願望は理解できますが、かつて私が不適切な方法でカレーを湯煎したとき、ジップロックが溶けてしまった経験があります。

このトラブルはジップロックが鍋底に直接接触したために起きたのですが、以下の方法を実践することで安全に湯煎できますのでご安心ください。

溶けずに湯煎する方法

1. 耐熱皿を鍋底に敷く
2. 菜箸やクリップを使ってジップロックを鍋から浮かせる
3. 高耐熱性を持つ特別なバッグを使用する

これらの方法を採用すれば、ジップロックを使用した湯煎が安全に行えます。

詳細な手順については後述しますが、これにより料理がより楽しくなるでしょう。

さらに、本記事ではジップロックを活用したさまざまな料理法についても詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ジップロックを湯煎に使う際の注意点

ジップロックが湯煎で溶けてしまう主な原因は、鍋底の高温に袋が直接触れることです。

この問題を避けるには、ジップロックが鍋底に接触しないようにする必要があります。

このための具体的な方法をイラストを用いて説明しています。

鍋底は非常に熱くなるため、ジップロックが直接触れるとすぐに溶けてしまいます。

このため、袋が鍋底に触れないようにする工夫が重要です。

耐熱性の高いジップロックを使用するメリット

耐熱温度が100度以上のジップロックを使用すれば、安全に湯煎が行えます。

しかし、湯煎の際は水温が100度を超えないように注意し、沸騰直前または沸騰後に火を止めて使用することが推奨されます。

これにより、ジップロックの破損や溶解を防げます。

ジップロックの各タイプの耐熱温度は以下の通りです:

– イージージッパー:耐熱温度80℃
– フリーザーバッグ:耐熱温度100℃
– ストックバッグ:耐熱温度100℃
– コンテナ:耐熱温度140℃(フタ付き)
– スクリューロック:耐熱温度140℃(高い密封性)

袋のタイプによって耐熱温度は80℃から100℃、容器タイプでは140℃まで対応しています。

ただし、旭化成の公式サイトでは、「ジップロックを湯煎に使用しないでください」と注意を促しています。

特に火を使う鍋での使用は、鍋底に接触することで耐熱温度を超えるリスクがあるため、注意が必要です。

# ジップロックで行う安全な湯煎のテクニック

ジップロックを用いた効果的な湯煎法

ジップロックを使って安全に湯煎を行う方法は複数存在します。

ここでは簡単で確実な手法をいくつか紹介しますので、ぜひ試してみてください。

1. 耐熱皿を鍋底に置く
2. 菜箸とクリップでジップロックを浮かせる
3. より高い耐熱性を持つ別の袋に替える

耐熱皿を鍋底に設置する方法

【準備するもの】

– 耐熱皿
– 鍋(耐熱皿より少し大きめのもの)

手順:
1. 耐熱皿を鍋底に設置します。
2. 耐熱皿の上に水を注ぎます(この際、まだ水は入れませんが、イラストでの説明を参考にしてください)。
3. 次にジップロックを水の上に置きます。
この配置により、ジップロックが直接鍋底に触れることなく安全に湯煎できます。

菜箸とクリップを使った方法

【必要なもの】

– 耐熱性の菜箸
– クリップ
– 鍋

手順:

1. 菜箸とクリップを用意し、ジップロックを挟んで固定します。
2. このセットアップを熱湯が入った鍋に設置します。
この方法では、湯煎終了後、菜箸を持ち上げるだけでジップロックを取り出せます。

耐熱性の高い別の袋を使用する方法

ジップロック自体が湯煎に最適ではないため、より高い耐熱性を持つ袋に移し替えることが推奨されます。

これにより、鍋底の100℃を超える温度にも耐えることができます。

特に、ダイソーで販売されている「食品用湯煎調理袋36枚入り」は耐熱温度110℃に達し、100円ショップで入手可能です。

【公式】DAISO(ダイソー)ネットストアで詳細を確認できます。

おすすめのジップロック代替フリーザーバッグ3種類

ジップロックは食材保存だけでなく、小物の整理にも使用される非常に便利なアイテムです。しかし、市場には様々なフリーザーバッグが存在しており、どれを選ぶべきか迷ってしまうことも多いですよね。ここでは、デザインと機能性で特に人気のあるフリーザーバッグを3つピックアップしてご紹介します。

リード|新鮮保存が可能な冷凍・冷蔵バッグ

気密性と密閉性が非常に高く、液漏れの心配がないため高い評価を得ています。リードブランドから提供されているこのフリーザーバッグは、品質の信頼性も高く安心して使えます。ただし、耐熱温度が90℃とやや低めですが、多くの保存用途には十分です。

クレハ|キチントさん マチ付きフリーザーバッグ

このマチ付きフリーザーバッグは自立しやすく、食パンのように厚みのある食品や柔らかい物の収納にも最適です。耐熱温度が100℃で、ジップロックと同等の性能を持っています。

IKEA|ダブルジッパー付きプラスチック袋

何よりもデザインが魅力的で、サイズや枚数のバリエーションも豊富なIKEAのフリーザーバッグ。コストパフォーマンスも良いと人気です。ただ、耐熱温度が50℃と低いため、湯煎には不向きです。

ジップロック活用!手軽な湯煎調理レシピ3選

ジップロックを使用した湯煎調理(低温調理)が流行っています。クックパッドなどで見かける多数のレシピの中から、特にシンプルで試しやすいものを3つ選びました。これらのレシピで、新しい料理に挑戦してみませんか?
サラダチキンを湯煎で
柔らかいローストビーフ
鶏肉のみぞれ煮

サラダチキンを湯煎で

【材料】
鶏ささみ 4本
砂糖 小さじ1
塩 小さじ1/4
甘酒 大さじ1
ブラックペッパー お好みで
ハーブ お好みで
自宅で手軽にダイエットメニュー「サラダチキン」を作る方法です。バリエーションを楽しむためにカレー粉や塩レモンのアレンジもおすすめです。
詳しいレシピはこちら↓
ポリ袋湯煎♥鶏ササミでサラダチキン風 by かぞくのごはん。

柔らかいローストビーフ

【材料】
牛モモブロック肉 300g
塩・こしょう 適量
油 大さじ2
ローストビーフは湯煎調理の王道。ジップロック一つで簡単に、初心者でも失敗なく仕上がります。
詳しいレシピはこちら↓
湯煎で作る柔らかローストビーフ by FMNW×青ちゃん

鶏肉のみぞれ煮

【材料】
鶏モモ肉 200g
塩麹 20g
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
大根おろし 200g
豆苗 適量
ジップロックで簡単に作れる本格的な「鶏もものみぞれ煮」です。調理後の洗い物が少ないのも大きな魅力。
詳しいレシピはこちら↓
ポリ袋で湯煎する『鶏もものみぞれ煮』 by ポリCOOK

ジップロックを使った湯煎の安全対策についての解説

ジップロックを湯煎に使用する際、溶ける危険を回避するために特別な注意が必要です。溶ける主な原因は、ジップロックが直接鍋底と接触することにあります。この問題を防ぐための有効な手段は次の通りです:
– 鍋底に耐熱皿を置いてジップロックを保護する
– 菜箸やクリップを使用してジップロックを水面に浮かせる
– より高い耐熱性を持つ別の保存袋に変える

執筆中にジップロックが基本的に湯煎に適していないことを学びました。それでも、日常生活でジップロックを湯煎に使う場面を完全に避けるのは難しいかもしれません。事故を防ぐため、ここで紹介した安全対策をぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする